漢字書き順辞典

【苦】の書き順(筆順)と書き方

MENU

【苦】の書き順(筆順)と書き方

【苦】の書き順(筆順)と書き方


・読み・・・ク・くる(しい)・くる(しむ)・くる(しめる)にが(い)・にが(る)
・総画数・・・8画
・部首・・・草
・配当学年・・・学3年
・熟語・言葉・・・苦役、苦学、苦境、苦行、苦言、苦渋、苦渋をなめる、苦笑、苦情、苦心、苦心惨憺、苦節、苦戦、苦痛、苦闘、苦難、苦肉の策、苦にする、苦悩、苦杯、苦は楽の種、苦も無く、苦悶、苦楽、苦慮、苦しい、苦しい時の神頼み、苦し紛れ、苦しむ、苦しめる、苦労、苦い、苦手、苦々しい、苦味、苦虫をかみつぶしたよう、苦り切る、苦笑い、他

 





小学校で学ぶ教科書体、戸籍等に使われる活字、一般的に書かれる字形、それぞれが異なる場合があります。これは手書きの文字としては全て正解です。(一部の活字を除く)ただし、小学校では小学校で学ぶ教科書体で書く方が良いでしょう。
漢字には複数の筆順が認められているものがあります。筆順が複数ある場合は、できる限り掲載するようにしています。また、掲載している筆順は楷書の筆順であり、行書の場合は筆順が変わる場合があります。