MENU

運営者情報

当サイトはリンクフリーです。
ブログやホームページ等でご紹介する場合に許諾は必要ありません。

サイト情報

サイト名 漢字書き順辞典
URL http://xn--p8s937bp0if32a.com/
サイト説明文 美文字は正しい筆順から!漢字の書き順を手書きの例で紹介します。正しく美しい文字を書くための漢字書き順小辞典です。
運営者サイト 美文字の書き方
運営責任者 清水克信
連絡先

info★shimizuya-online.com
(★を@マークに変えてください。)

「漢字書き順辞典」とは?

当サイトを運営している清水克信です。普段は筆耕のお仕事をしています。(※筆耕とは、毛筆で文字を書く事を生業とするお仕事です。)文字を書くお仕事なので、沢山文字を書きますし、知る事ができます。色々と文字を知り、美しい文字の書き方を考えていると、筆順の重要性を改めて感じることになります。正しい筆順とは、美しい文字を書く事の大前提だと気が付いたわけです。

公式ホームページ⇒筆耕コム

 

筆耕士 清水克信 漢字書き順辞典

 

筆順については賛否あります。「文字の形さえ合っていればいい。」このような意見も良く言われます。確かにその通りです。ところが、正しい筆順で書かないと、正しい字形にはなりません。

 

例えば「左・右」ですが、1画目と2画目の筆順は逆です。左は横画が短く、右は横画が長いですよね。この形は正しい書き順でないと書きにくいはずです。では何故「左・右」の1画目2画目の長さが違うかというと、文字の成り立ちが由来となっています。ちなみに、行書の筆順も同様です。

 

戦前の小学校では書写の授業があり、小学生が普通に行書を書いていました。その頃の人にとっては、筆順への賛否は無かったと思います。なぜなら、筆順が利にかなっていると体で分かっていたからです。疑問に思う余地が無かったのだと思います。

 

宛名書き 漢字書き順辞典

 

現在、汚文字で悩む人が増えています。でもそれは仕方あがありません。小学校の習字の授業はドンドン減り、美しい文字で書く事の重要性を教えていないのですから。汚文字で悩む人の多くは正しい筆順を知らない場合がとても多いです。大人になっても汚文字で悩む方は、まず正しい筆順を意識してみてください。

 

正しい筆順は法則があったりします。いくつかの筆順を知る事で、他の漢字の筆順を予測する事も出来るようになります。また、基本的な筆順はしっかり押さえるにしても、難解な漢字の筆順はそんなに正確に覚える必要は無いかとも思います。筆順は重要と言っても、そこまでガチガチになる必要は無いと言う事です。気楽に楽しく汚文字を解消して、美文字を手に入れる第一歩として、当サイトがお役に立てれば幸いです。

 

美文字の書き方 漢字書き順辞典